資格は、通信教育で手にすることも可能です

サイトマップ
電気工事士の通信教育のイメージ図です。

通信教育(独学)で、電気工事士の資格取得ができます

電気工事士の資格試験の際に、通信教育(独学)で学ぶこともできます。電気工事士は年齢、性別、学歴など受験制限がありませんので一生の資格としてトライしてみませんか。




(資格取得の通信教育) 資格をまだ取っていない方へ

学校で電気科を選ばれた人は、その時の教科書や参考書が役に立つであろうし、既に知識も頭に入っているのでそんなに心配はいらないでしょう。筆記試験の免除もあります。電気理論、電気計測、電気機器、電気材料、送配電、製図、電気法規の7科目です。卒業された学校へ問い合わせて、確認しておきましょう。一方、異業種異分野の仕事をしていて電気工事士の仕事に入ったり、資格の必要性に迫られた人は仕事をしながら資格受験の勉強もしなくてはなりません。相当気合を入れてやっていかねばなりませんが、目の前にエサをちらかせて自分のやる気を継続させたほうが良い結果を生むでしょう。資格が取れれば給料が上がるとか、希望する仕事をさせてもらえるとか、具体的にイメージしたほうが勉強を継続させやすいでしょう。会社によっては、ハローワークなどの電気工事士の職業訓練講座を受けさせたり、社内に教育訓練制度を設けている所もあるでしょう。しかし、そうでない場合は、自分で参考書などを買って独学で、地道にやっていかなくてはなりません。そんな時、通信教育で学ぶという方法もあります。

  • 学科試験はある程度勉強しておけば合格できるでしょうが、気を付けておきたいのは実技試験です。指定された時間内に、課題を仕上げなくてはなりません。時間があればたいした内容でなくても、時間がないというプレッシャーにより安易なミスも起こしがちです。又、真夏のクーラーのない試験会場が多いと思いますが、汗でスリーブやケーブルが滑って作業がし辛く感じます。試験時期の室内と同じ過酷な条件で、練習しておくことをお勧めします。完成まで70パーセントの時間でできるようにしておきましょう。今は技能試験の問題が公表されるようになっていますので、すべての問題を実際に行って欠陥工事にならないように気をつけましょう。完成品を他の電気工事士の人に見てもらい、チェックしてもらうのもいいかもしれません。




通信教育

何年かかってもかまわない時間的余裕のある人は、独学でやっていっても取れる資格だと思われます。電気工事士の資格はいざという時に役立つ、一生の財産になります。「第2種電気工事士試験」、「第1種電気工事士試験」と頑張って、国家資格の電気工事士となりましょう。当然の事ながら、通信教育を受けたから試験合格を保証された、とは考えないでください。動機付け、継続意識をプラスアルファする面を得られますが、最終的には本人のやる気が一番大事です。私も、電気工事士とは関係ない、通信教育を受けたことがありますが、途中で挫折した経験があります。だれも見る人はいなく、律するのは自分だけという環境では、どうしても甘えが出てきます。周りの人に、こういう通信教育をやっていると公言し、逃げ場をあえてつくらないのも一つの方法かもしれません。

第二種電気工事士 短期合格特別講座

【第一種電気工事士 短期合格特別講座】


1口メモ

電気工事士の仕事は、天井裏や床下などで行うことも多いです。相当に汚れますので、着替えを必ず現場に持っていったほうがいいですね。





ロボットが人間の仕事を取っていくが、電気工事士は

電気工事士、電気工事施工管理技士の資格を取得しておきましょう

電気工事士の本職以外に必要な知識

実技試験の参考になる、you tubeの実技動画です

パソコンを使う時に、電気工事用語の単語登録を利用する

電気工事士が普段使っている略語は、必須項目です

資格がいらない、軽微な電気工事があります

試験での、私の失敗話です

資格は、通信教育で手にすることも可能です

電気工事士の、受験資格などについて

電気工作物については、理解しておきましょう

電気設備工事見積ソフトを使ってみましょう

消防設備士の資格をプラスしましょう

アプリケーションソフト(フリーウェア、シェアウェア)について

検索語を色分けし、ハイライト表示するchrome拡張機能の「isear」

検索している時に、ページの既読の色を変えるchromeの拡張機能

初歩 熱量を求める

初歩 インピーダンス

初歩 合成抵抗

初歩 電流分配

初歩 交流の特徴とリアクタンス

初歩 オームの法則

初歩 導体抵抗と抵抗率